年齢について

器具を受け渡す歯科医の手

骨格の成長が終わっていることが条件ですので、通常は16〜18歳以上であれば、治療を受けられます。手根骨のレントゲン検査を行うことで、骨の成長状態を確認できます。また高齢の方であっても、健康で骨の状態がよければ、年齢に関係なく受けられます。基本的に年齢の上限はありませんが、あごの骨が薄すぎる場合やもろい方の場合は、骨を増やす処置を行うことでインプラント治療が可能になります。また最近、インプラントは高価すぎて手が出ないが、義歯がぐらぐらする、噛めないといった悩みを持つ方に(ミニインプラント)というものも出てきました。これは通常のインプラントよりも小さい無菌顎用のインプラントで、入れ歯の土台にするタイプです。

前歯の部分4本埋入して、そこに総入れ歯を固定します。通常の入れ歯より格段に噛む力が増し、手術も簡単でほとんど痛みもありません。歯茎の切開もなく、その日のうちからしっかり噛めます。また入れ歯は取り外して清掃できます。身体への負担も少ないので、体力に自信のない高齢の方にもおすすめです。「不具合が起きたら早めに処置を」万が一治療が成功せず、インプラントが骨と結合しなかったときは、出来るだけ早めにクリニックに相談して埋め込んだインプラントをはずします。早期に処置すれば骨を失わずにすみます。インプラント周囲の炎症(インプラント周囲炎)も、早期に発見して適切な処置が行われれば十分改善されます。治療後の異常をチックするためにも、定期的通院が必要です。