メリットは様々

歯ブラシとコップを持って微笑む女性

失った歯の場所にインプラント治療をする人が増えてきました。 インプラント治療とは、あごの骨に穴を開けてインプラントを埋め込み、そこにアパットメントという装置をつけその上部に歯をとりつける治療のことです。 失った歯の両側の歯に影響をかけることはありません。 歯を固定することが出来るので食べ物をしっかり噛むことができます。見た目的にも自分の歯のように見えます。 自由診療となるため、費用は高額となります。一本のインプラントを入れるのに数十万かかると言われています。 治療を始める前に、治療期間と費用がどのくらいかかるかということも聞いておくことが大事になります。医療費控除が出来るので、領収書は必ずとっておくようにします。かかった費用の節約のためにも利用したほうがいいのです。

インプラントを入れるメリットはたくさんありますが、なんといっても自分の歯のように噛めることと見た目がよいことと言えます。 デメリットは、外科的治療をすることです。治療の期間も長くなります。費用も全額自己負担となります。あごの骨の状態によって手術が出来ないこともありますが、最近は骨を再生する技術により、インプラントを入れることも可能となりました。 しかし、その分治療期間が長引き費用もさらにかかることになります。 インプラントを入れた後は、自分でケアを怠ってはいけないのです。入れたところから歯周病になってしまう可能性があります。定期的に歯医者に通い検診してもらうとともに、家では丁寧な歯ブラシが大事となります。 インプラント治療をした後は、メンテナンスのためにも歯医者との関わりが重要となります。